スタンダード・ロボット(Standard Robot)

購読へようこそ Standard Robots

物流ロボットに関する最先端の情報に注目してください

携帯電話シングルボードAGV材料自動ロード・アンロードシステム

業種: 3C电子      スケール: 大規模上場会社

このプロジェクトは当該会社の西安ターミナル会社の携帯電話生産工場のプロジェクトで、携帯電話生産のSMT作業後段のシングルボードテストセクションにおける原材料配送を完成させることにある。

コンサルティングホットライン: +(86)15112274941 今連絡してください
WeChat QRコード

説明

プロジェクトの背景&お客様の苦痛点

• このプロジェクトは当該会社の西安ターミナル会社の携帯電話生産工場のプロジェクトで、携帯電話生産のSMT作業後段のシングルボードテストセクションにおける原材料配送を完成させることにある。

• 当該職場には合わせて8本のSMT生産ラインがあり、現有のテストセクションは半自動化半人工テスト方式を採用している。現計画では16大の環境測定ステーションを増設し、AGVシステムを通じた原材料自動転送及び自動ロード、アンロードを完成させる予定である。

解決策

当該原材料自動配送及びロード、アンロードシステムには以下のものが含まれる。

• ハードウェア:Oasis300 6台(自動実行機構を統合)、ドッキングステーション 2セット、自動充電設備 3セット、サーバー 1台。

• ソフトウェア:Matrix部署ソフトウェア、FMSマルチマシン命令システム。


作業の流れは以下のとおり:

①    SMT生産ラインの原材料が不足している場合、MESシステムがFMSにAGVが倉庫のドッキングステーションに行き原材料を取りSMT原材料需要ポイントに送るよう命令を下す。

②    シングルボードが測定ステーションに流入した場合、MESシステムはFMSにAGV要求ポイントへ行き原材料を取り、かつ相応の環境測定ステーションに配送するよう命令を下す。環境測定ステーションの原材料出入り口が上下二層のローラー台の場合、AGVは自身の上下二層ローラーを環境測定ステーションのローダー台にドッキングさせ、原材料の自動配送及び空のトレイ回収を完成させ、FMSシステムはMESシステムに情報をフィードバックする。

③    SMT半完成品を入庫させる場合、MESシステムはFMSにAGVが設定したポイントの半完成品原材料を倉庫のドッキングステーションに運ぶよう命令を下し、入庫ならびにMESシステムへの告知を完成させる。

④    アイドル状態のAGVは、アイドルエリアで命令を待つか自動的に充電エリアで充電する。

実施の難しさとその対策

• ①人員の流動が頻繁で、工場側にAGVルートについて厳格な要求がある。②環境測定ステーションはサードパーティーシステムに合わせるため、比較的複雑になる。③プロジェクトの検収指標が厳格、かつ高精度でドッキングの精度要求は±5mm。

• ①FMS命令システムの命令演算方及び対策を調整し、工場側のAGVルート計画要求に適応させる。②これまで半年に検収を7回行い、500回の連続任務執行故障率ゼロを達成し、最終的に検収に合格した。

顧客価値

• 人員削減の効果大:スタンダード自動物流プランがオンラインした後、作業場の物流配送及び原材料アンロードに従事する労働者170名近くに完全に取って代わった。

• 高いROI:11ヶ月で投資回収を実現。

• ブランドの宣伝:モデルデモンストレーション工場を建設し、社会の企業に対する将来の予測を高めた。

スタンダード・ロボット(Standard Robot)(深セン)有限会社
中国広東省深セン市宝安区華豊国際機器人産業園F座1-2階(地下鉄1番線固戍D出口)
hello@standard-robots.com +(86)15112274941

当社の製品についてもっと知りたい、または当社の代理店になることを申し込みたい場合は、当社に電話またはEメールで連絡するか、次の情報をオンラインで記入することができます。

Copyright @ 2019 スタンダード・ロボット(Standard Robot)(深セン)有限会社 粤ICP备17065427号-1

技術サポート

百度统计,cnzz